奇譚日記

一応材料工学を専攻している学生が日々の出来事について書いていきます

研究関連

(続)研究室の同僚は現金を多く持たないようだ

同じような内容が続いて申し訳ないが続編を書かせていただく。 というのも海老名から許可を得たからである。 面白いエピソードというのがズバリ、彼は購買のお金だけでなく大学院入試のお金さえも私に借りたのだ。金額は伏せておくが学生にとっては安い金額…

研究室の同僚は現金を多く持たないようだ

これは先日のことである。 「体育の日」のも関わらず一切運動をせず、ゴロゴロ過ごした祝日が過ぎ、足取り重く学校へ向かった。いつもと同じように1時間に2,3本しか往来しない田舎の電車(JRではない)に乗った。いつもと変わらない風景である。なんせ7年近く…